スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

人生初救急車。

やっちゃったZE!

【ことのあらまし】
仕事出る→電車乗る→気持ち悪くなる→ヤバいと思って途中下車→
→状態悪化→駅で倒れる(意識は明瞭)→駅員登場→車椅子登場→
→担架登場→救急車登場→地元病院搬送→家に逆戻り

貧血と過呼吸の合わせ技一本で一時期手足痺れて動かせなくなったりと
自分でもビックリな状況でしたが、意識だけは無駄に明瞭だったので
弱りきったおいらに皆が超VIP待遇過ぎて恥ずかしー!!とか思ってた。
落ち着いた後で、病院のロビーからtwitter上に
【速報】人生初救急車で地元病院なう
と報告入れたらフォロワーの皆さんから物凄い勢いでリプライがついて
なんか自分は一人じゃないんだーみたいな謎の感動を味わった。
皆さんご心配かけました。おいらはそれなりに元気です(礼)。

フォロワーさんの一人から「ヤバいと思って途中下車」は
ナイス状況判断と言われて振り返ってみたら確かにそうだ。
あのまま電車乗ってて車内で倒れたら通勤電車遅らせるところだった…
体は色々ヤバかったんですが、判断力は鈍ってなかったという証左かも。

 * * *

救急車到着して担架に乗る前に、
まず名前と生年月日と年齢と住所と電話番号控えられました。
意識ははっきりしてることがここでアピールできたと思うw

初救急車は色んな意味で貴重な体験でした。
担架は移動中に意外と揺れて寝心地の宜しくないもんだなーとか。
救助されたというのにこんなこと考えてた贅沢な急患でスミマセン
特に道がデコボコして車が揺れるとちょっとツラかった。
指と腕に脈測るパッチンとバンド巻いて、視界の左上に
自分の脈拍が数値とグラフで株式相場みたいに変化しながら
表示されている様子はなかなか面白い感じでした。
「ちょっと血圧低いですね」と言われたけど
我が家は全員低血圧家系です」と返事したら
異常ではないことが分かって納得して貰えたっぽい。
あと瞳孔反応も診られました。ペンライトみたいなので。

 * * *

家に帰って落ち着いてから、仕事先に
「駅で倒れて救急車で病院行って今自宅に戻ってきた」
電話報告したら激しく動揺されてこっちがビビった。
明日の朝は様子見ながらおそるおそる起床しよう…

そういえば、駅の休憩室でうんうん唸ってた時に、
冷汗があまりに凄いんで駅員さんが貸してくれた真新しいタオル…
握りしめたまま搬送されちゃったので借りパク状態…
駅員さんありがとうございました!大事に使います!

2010.07.13 | | Comments(0) | つれづれ

コメント

コメントの投稿


秘密にする

« | HOME |  »

プロフィール

 晏嬰 亮
 (あんえい・りょう)

カレンダー

マジカロスやろうぜ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。