スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ついったー考察

ここのところ毎日のように呟いてるついったー。
気楽に呟けてかなりハマってますが、そんなついったーの
面白いところって何だろう?とふと思ったので
以下折り込みでちょっと真面目に考察してみた。


 * * *

そもそもこんなことを考えるきっかけになったのは、
勤め先でたまたまついったーの話になった時に、おいらの
上司にあたるおっちゃんが、前はついったーアカウント持ってたけど
何が面白いのか結局分からなくて短期間でアカウント削除しちゃった、
という話になったから。でも、よくよく話を聞いてみたら、
彼は誰もフォローしたりされたりすることなく、
一人で細々と呟いてたらしい。そりゃつまらんわな…
だから、同じ趣味趣向の誰かを見つけてフォローしたりすれば
面白くなったのに惜しいことしましたねー、
と返事をしたおいらだったのであります。

ブログウィジェットとして張り付けていなければ、
たったひとりで呟いてると、基本的には返事が返ってこないわけで。
最近は関連ワードをつぶやいてると、それに関連したフォロワーから
フォローされたりもするようになりましたけども、
やっぱりついったーの面白さというのは、同好の士なり友人同士なりの
交流ツールとして使ってこそなのかなーと思ったのでした。

 * * *

となると、140文字という制限があるとは言え、
やっぱり読まれることを前提に呟くのが基本だと思うんですよねー。
どこかに読者がいることをちゃんと想定して呟く、というか。

ブログでも日記でも、例えば「眠い」「暑い」「寒い」などの
中身のない文章って、読んでて微妙な気分になるもんですが、
それは呟きでも然りだと思うのです。同じ「眠い」でも、
「眠い」の一言だけで済ませるのと、例えば
「昨日ニコ動のゲームプレイ動画ハシゴし過ぎて全然寝てないw」
「雨降ってて低気圧のせいか寝起き悪くてやたらと眠い…」
と呟くのでは得られる情報量が全く違うわけでして。

前者が簡潔でいいのか、後者のほうが絡み易いのか、
人によって好き嫌いはあると思いますが、おいらは後者派です。
あんまり短くて捕らえ所がないと、もうちょっと何か
気の利いた言い回ししてくれよう、とか思ったりして。

2009.11.15 | | Comments(0) | つれづれ

コメント

コメントの投稿


秘密にする

« | HOME |  »

プロフィール

 晏嬰 亮
 (あんえい・りょう)

カレンダー

マジカロスやろうぜ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。