スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

絵仕事つれづれ

銀幕さんもどんどん終わりが近づいてきてるみたいで
ほんのり寂しくなってきつつ、今までのIL業を振り返ってみた。

縁あって銀幕さんでのIL業を始めさせて頂いてから、
そろそろ1年半に手が届こうとしているわけですが、
自分の絵にリアルマネーを注ぎ込んで下さる方が
本当にいらっしゃるなんて、畏れ多くもありがたく、
今でも時々現実を疑ったりします。え、マジで?いいの?みたいな。
他に沢山の絵師さんがいらっしゃって、どの絵師さんも個性的で
得意分野も様々で、自分でも目標や参考にしたいと思える方々が
沢山いらっしゃるんですが、そんな中に自分も混ぜて頂いて
研鑽を積める幸せってなかなかないような気がします。

絵の腕を上げるためには、継続的に枚数をこなすってのが
一番だと思ってます。これは一人でもできることですが、
独りで描いてると、行き詰まってスランプになった時に
打開策がないから絵神が降りてくるまで寝るしかなくなる。
同じ作業をしている他のILさんがいらっしゃるというのは、
そういう時にこそ外的な刺激になるんですよね。
イマイチ筆の調子が上がらなくても、他ILさんがUPされた
作品を見て『こう来たか!』『こういう表現もアリなのか!』と
頭ガツンされると、よし自分もやってやろう!ってな気分になります。

お金を頂いてやっていることである以上は、
オファーして下さったPLさんにご満足頂けるクオリティを
目指したいと思うんですが、この1年半近くやってきて、
どうだろう、少しでもクオリティアップできるようになっただろうか。
こと絵の成長に関しては、上限打ち止めってことはない
個人的には思っているので、少しずつでも『もっと上』を
目指したいと思ってますが、自分じゃなかなか客観視できないのも事実。
まだ表現の幅とか構図とか、伸びしろは残されてると思うんですけどね。


2009.03.24 | | Comments(0) | 絵しごと

コメント

コメントの投稿


秘密にする

« | HOME |  »

プロフィール

 晏嬰 亮
 (あんえい・りょう)

カレンダー

マジカロスやろうぜ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。