スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

花子救出大作戦

五章終了のセーブデータを作って、六章用のデータ作ろうとしたら
メモリーカードに空きがなかった件について。だから密林で
買ったんだよー。ちなみに他のデータは大神がみっちり。


 * * *

章始めにあたって、再びシナド様のお告げ開始。
面が「憂い」から「怒り」に変わってから
どうにもエゲツねえものばかり見せやがりますな。
前章ラストで「憂い」のシナド様消えちゃったんだろうか…

目が覚めると、鳴海さんとタヱちゃん、それになんか
お客さんまでいて探偵社内の人口密度高いよ!(笑)
にしても弾、すっかり気落ちしちゃって可哀想だなあ…。
じゃあ面子も揃ったし、鳴海さんブレンドの珈琲飲みながら
タヱちゃん主導の捜査会議いってみよー!
捜査会議って、間違った選択肢選んでも面白いですねー。
ここまで真面目に答えてたんですが、「衛星」とか
「飛行船」とか選んだら、ストーリーには絡まないけど
面白い会話が聞けました。そっか、タヱちゃんだったのか、
あのネタ取ってきたの。…頑張っても社会面ベタじゃね?(笑)

それにしても、タヱちゃんは別件依頼で民俗学論文の
資料集めを依頼してくるだけあってこういうとこ博識だなあ。
槻賀多村でわらべ歌聞いた時に「地べたの月」の見当は
概ねついてたんだけど…そか、そういう解釈なのか。

鳴海さんと屋上でしみじみ話してから、
タヱちゃんと一緒にわらべ歌の謎を探るべく槻賀多村へ。
鳴海さんは弾と協力して帝都で蟲集めするそうです。
何この働き者の鳴海さん。悪魔が擬態してるんじゃね?

 * * *

槻賀多村に着いてのっけからアポリオンと戦闘。
そっか、タヱちゃんは「ライドウ」の仕事を目の前で見るのは
初めてだったっけ。いつも気絶しちゃってるから。

曲も変わって、村内にも悪魔が出現するようになりました。
新顔の悪魔もチラホラ見かけるようになったので、
そろそろ管に空きつくってお迎えしようかな。
しかし五章最後のボスだったアポリオンも六章に入ると
ここまで雑魚扱いなのか…。妖精王国にも救援に行って
報酬のルナブレード貰ってくるのも忘れません。

さて、村内と三本杉にいた村人は救助して、
あとは村はずれにいる爺ちゃんを助けるだけ。
あ、この爺ちゃん、確か心根の優しい牛飼ってたあの…
・・・なんか未確認飛行物体が牛攫ってるんですけど。
しかもアイツ、読心術で一人称「俺」つってたのに
名前が花子かよ!思わずゴウトも素にかえって突っ込むよ!
まあいいや、天斗井戸はもう自由に行き来できるように
してあるから、普通にアポリオン倒せばいいだけだな。

花子(♂牛)を含めて3人と1頭を救助して避難所代わりの
福禄荘に帰ると、今度はゲイリンが戻ってきてない。
ゲイリンさん体悪そうだったし、どっかで無理して
倒れてないといいなあ。本当はここでゲイリン探しに
行くべきなんですが、ちょっとひと息入れて帝都に戻ります。
別件依頼を一通り出しに聞き込みレッツゴー。

 * * *

ここで気がついた。
メモの通りにこれまでプレイ日記書いてきたけど、
ひとつ前の五章の日記で『帝都のツキガミさま』依頼を
やったと書いたのは六章の間違いでした orz
ツキガミさま依頼は六章でヤタガラスに話しかけないと
出てこない依頼だよ何すっとぼけてるんだ自分。
というわけで、『帝都のツキガミさま』をこなしたのは
このタイミングになります。

鳴海さんは銀座、弾は桜田山で蟲集めしてました。
いいのかバラバラで。弾の指笛ないと集めにくいんじゃ…?
ここで弾から興味深い話が。この弾の話聞きそびれると
結局閣下のフルネームって明かされずに終わるんじゃないか?

 * * *

槻賀多村に戻って、村の中で適当に仲魔の仕込みとか
やってたんですが、とりあえず話を先に進めようということで
ゲイリンさんを探しに天斗神楽へ。そこに居たのはアポリオンに
追い詰められた茜お嬢!それに秋次郎さんも。
葛葉のサマナー2人を相手にした不運を嘆くがいいアポリオン!

そんなこんなでゲイリンさんとアポリオンを撃退、
茜さんと村長を伴って避難所へ帰還。
あれ、そういえば茜さんが脱出できた「きっかけ」は
先人の栖をアポリオンが襲撃したからって言ってたよな。
で、さっきアポリオンが先人を頭から食べちゃってましたが、
ということは今、先人の栖ってどうなっちゃってんだ…?

なんか嫌な予感がしたので、蟲人の栖経由で先人の栖を
訪ねてみることに。蟲人に話を聞くと、アポリオンは
「お空のかか様の使い」で「救い」をもたらす者。
そしてその「救い」とは…。蟲人はそれを「救い」と
呼ぶほどにずっと地下で苦しんできたのか…。
先人はアポリオンがもたらす「救い」の意味を額面通りに
受け取って、アポリオンに無抵抗で喰われちゃったわけだな。
予想通り、先人の栖は混乱と困惑に満ちてました。
蟲人が、先人のわらべ歌信仰を指して嗤ってた理由が
何となく分かった気がする。

2009.01.03 | | Comments(0) | ライドウ

コメント

コメントの投稿


秘密にする

« | HOME |  »

プロフィール

 晏嬰 亮
 (あんえい・りょう)

カレンダー

マジカロスやろうぜ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。