スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

クロサワの夢。

絵描き作業する予定が、BSで黒澤明監督の
「夢」やってたから思わず見入ってしまった。
き、きっとイマジネーションの肥やしになったさ!
無駄な時間を過ごしたんじゃない、
有意義な時間を過ごしたんだ


初めて見たのは結構前だったので
覚えてないエピソードもぼちぼちありましたが、
最初の「狐の嫁入り」と「桃の節句」を見逃したのが
つくづく悔やまれます。狐の嫁入りは怖くて美しいし、
狐面をつけた嫁入り行列がバッと全員こっち向く瞬間が
インパクト強くて、脳裏に焼き付いてます。
桃の節句はやっぱりジャンボひな段の豪華絢爛さと、
ちょっと悲しい幕切れが心に残ってますねー。

さっき見たのは「雪女」から。トンネルの中で
小隊長が全滅した自小隊の部下と出会う話は、
今見ると凄まじいインパクト。戻ったのかな?…と思ったら
増えて戻ってきちゃったー!?Σ(゚Д゚;) みたいな。
ゴッホさんどこですかーな話も好きだなあ、アレ。
『美の巨人たち』のデ・キリコの回って、
絶対このエピソードを参考にして作ったんだと思う。
キリコクラブのストーリーも好きだったなあ…

それにしてもテラオスキーな自分としては
寺尾聡をたっぷり堪能できてツヤツヤテカテカです。

2008.12.24 | | Comments(0) | つれづれ

コメント

コメントの投稿


秘密にする

« | HOME |  »

プロフィール

 晏嬰 亮
 (あんえい・りょう)

カレンダー

マジカロスやろうぜ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。