スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

「漢書」の読み

この間、職場で起こった論争のひとコマ。
「漢書」を「かんしょ」と読むか「かんじょ」と濁るか。
自分は直感的に「後漢書東夷伝」とか前後にくっつくなら濁り、
「漢書」単体なら濁らないんじゃないか?と思ってたんですが。

結論としては、濁らない「漢書」だと、
「中国で書かれた書物」、つまり漢籍全体を指すらしい。
で、濁る「漢書」は、いわゆる史書の固有名詞になるそうな。
ってことは、自分の直感はだいたい合ってたってことかも。
うーん、日本語って難しい。

P.S.先日のライドウプレイ日記の初説教部屋送りの回に
2回目の無言拍手を下さった方、ありがとうございます。
あれ以降、通常戦闘時に1回ライドウ棒立ちになってます。
その時は仲魔がフォローしてくれたんですけども…
もうコントローラー買い替えた方がいいのかも知れません。

2008.11.30 | | Comments(2) | つれづれ

コメント

おとこ がき

…ば…ばかな。
あ…ありえん。


でも一瞬、本気でそう読んだ自分がいました…

2008-12-06 土 05:33:52 | URL | 寂 #- [ 編集]

おとこがき

フルで訓読みだと!?
…無茶しやがって…

2008-12-06 土 20:01:42 | URL | 晏嬰 亮 #1IchLG4c [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

« | HOME |  »

プロフィール

 晏嬰 亮
 (あんえい・りょう)

カレンダー

マジカロスやろうぜ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。