スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

両島原~沈没船

本当は沈没船に入った所でやめとこうと思ったんですが、
気合いで進めて只今宝帝の屋敷に潜入したところです。

両島原の大神おろしは噂に違わぬ美しさでした。
水平線の向こうまでざーっと波が立つのがいいなあ。
パンダうさぎイナバたんもちゃんと見つけましたよ!
で、早速蓮の葉に乗って疾風で海上を移動して、
道場で『無礼講』以外の全技買ってきました。
穴掘り大名はクセになりそうです。早速神州平原に戻って
これまで歯が立たなかった岩盤ほじくり返しまくってました。

都はタタリ場だらけで移動できる場所が限られてましたが、
水のない水路の底にあるつづらは今のうちに回収。
ナグリとの穴掘りミニゲーは意外とすんなり終わりました。
やっぱり『水郷で上へ』をやろうとするとダメなのであって、
ひたすら左右か下に向けて掘るルートだったらいいんだよなあ。

で。沈没船怖い。マジ怖い。あの雰囲気が恐ろしい。
何あの和式ホーンテッドマンション。大入道も圧迫感充分。
カメラアングルが悪くて女郎蜘蛛の亡霊の顔が貞子みたいに
画面いっぱいに映った
時にゃホント泣きそうになった。
あそこにまたはぐれ珠取りに戻るのヤだよう…

二郎丸と三郎丸は普通に殴ってるだけで倒せたんですが、
一郎丸はホント苦手過ぎる。戦闘中に真骨頂2本食ったよ…
ツヅラオの札に頼れば接近しなくても筆しらべで攻撃できる、
という事実に気付くまで、延々気絶を待って蓮で接近しては
暴れられて沈められる、を繰り返してました。

あと、1匹目の袋狢も真骨頂3本消費しました。
奴って正攻法の蔦で倒さなくても、もしかして
周囲の松明から炎引っ張ってくれば延焼させられるのか?
次回は蔦じゃなく炎主体の戦法で行ってみようと決意。

それにしてもツヅラオのボインはマジで気合いの
入りまくった揺れ方しますな。どぷりーんどぷりーん。

2007.09.16 | | Comments(0) | 神あそび

コメント

コメントの投稿


秘密にする

« | HOME |  »

プロフィール

 晏嬰 亮
 (あんえい・りょう)

カレンダー

マジカロスやろうぜ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。